獲得PIPSの管理が必要

このレバレッジ固定の資金管理を使用すると、資金量に対して枚数が決定されますので、必然的にPIPSによるトレードの管理が必要になります。

資金が増えるときにも枚数を増やしすぎず、資金が減るときにもしっかり枚数を減らすことで安定した管理をすることができます。

そのため、資金の増加量は獲得PIPSに大きく依存してきます。

先ほどのエクセルからもわかるように、レバレッジ固定によって枚数が増えたときに出す損失は、枚数固定の場合より大きいため減り方が急になってしまいます。

当然ながら、初期資金を下回るような結果になれば枚数固定のほうが効率よく資金が増える、という結果にもなりえます。

つまり、この資金管理は損を極力小さくすることが肝になり、また、勝率も低ければ同様の結果になります。

50%前後で勝率をキープできれば、よりパフォーマンスを上げることができます。

コメントを残す

このページの先頭へ